カパティランタイムズ- ニュースレター

/カパティランタイムズ- ニュースレター

ありがとうございました!

☆ラッフル賞・その他のスポンサー ○フィリピン航空会社 東京―セブ往復航空券1名分、ポロシャツ ○株式会社アティックツアーズ セブ島マリバゴブルーウォータービーチリゾート宿泊券 [...]

2011-12-16T17:43:08+00:0012 / 16 , 2011|

カパティランバザーの売り場から(カパティランタイムズ4号-2011年11月より)

姉妹愛兄弟愛がこだまする空間 カパティランボランティア 倉八順子 カパティランフェスタのバザーは、カパティランの名前のとおり、“姉妹愛・兄弟愛”がこだまする空間です。フェスタの前日、カパティランの方々とカパティランを愛して集まったボランティアスタッフたちはこころを寄せ合い、フェスタのバザーにいらしてくださるフィリピンの方々に喜んでいただきたいと願ってこころを込めて準備します。日本人が見向きもしなくなった伝統的な日本の食器を、フィリピンの方々はとても喜んでくださいます。その笑顔を思い浮かべると、準備も気持ちよく進みます。準備を終え、“あしたフェスタが始まる11時には雨が止みますように”と祈りながら、家路に着きました。 [...]

2011-12-16T16:59:23+00:0012 / 16 , 2011|

カパティランタイムズ3号 2011年9月

いま私たちがなすべきこと 上期活動報告に代えて まず統計数字をご紹介する。平成22年度の外国人登録者数213万人の出身国籍別内訳は、フィリピンが21万で中国69万、韓国・朝鮮57万、ブラジル23万に次いで第4位。韓国、ブラジルが減少している一方、中国、フィリピンは増加中。その女性比率はヨーロッパ、北・南米が2~4割、ブラジル46%、中国や韓国が5割強であるのに対して、フィリピンは78%と突出し、ロシア69%、ルーマニア83%、ウクライナ81%、タイ75%に近い。 [...]

2011-11-12T10:12:57+00:0011 / 12 , 2011|

神様の恵みを感じて ~大船渡ミッションを通じて~

山々を越える最後のカーブをすぎ、バスは海岸線へと向かう。道が開けた。景色がかわる。それまでの青々としげった山景色から海岸の廃墟の光景へ。バスの両側から、息をのむ声、驚きの叫びが聞こえる。バスの両側には廃墟の光景がひろがっている。どこを見ても崩れ落ちた建物、家々、廃墟の光景。変わりはてた姿・・・これが大船渡だった。 そのとき、ヤコブの手紙4章14節のことばが私の脳裏をよぎった。「あなたがたには自分の命がどうなるか、明日のことは分からないのです。あなたがたは、わずかの間現れて、やがて消えて行く霧にすぎません。」 直接、地震と津波の被害を受けた方にとって、まさしくこのとおりであろう。被災にあった方たちは、繰り返し、繰り返し、予測できないほどの大きなマグニチュードの地震におそわれ、全く予想しなかったこと、いかに準備ができていなかったかを語られていた。多くの方は、災害にそなえて必要な準備をし、津波から避難できるに十分な高いところに避難所を作り、安全に避難するための計画を立てており、大丈夫だと思っていた。しかし、実際はそうではなかった。 [...]

2011-07-26T16:00:39+00:007 / 26 , 2011|

ニューズレターの名前が変わりました

カパティランのニューズレター「サンパギータ」は新しく「カパティランタイムズ」へと名前を変えてリニューアルしました。 これからも、カパティランの活動内容など様々なお知らせをのせていきますので、「カパティランタイムズ」をどうぞよろしくお願いします。

2011-03-20T19:15:30+00:003 / 20 , 2011|

2010年11月

主に感謝 カパティラン運営委員会委員長 松田 正人 「クリスマス・おめでとうございます」というにはいささか早すぎますが、御子イエスのご降誕を待ち望む気持ちは皆さんと一緒です。 [...]

2010-11-26T14:33:06+00:0011 / 26 , 2010|

2010年07月

主に感謝!カパティラン フェスタ開催しました!     横手仁美  カパティラン運営委員 [...]

2010-08-13T14:12:54+00:008 / 13 , 2010|