5月19日ごはん会報告

//5月19日ごはん会報告
今流行の鶏肉とお野菜の炒めものにチーズを絡めて食べるらしい。
チーズタッカルビに挑戦した先日のごはん会では、「最後にご飯を入れて、ポックンパプにしちゃってもいいんじゃない?そこにふりかけもかけちゃおう」韓国に留学経験のある大学生からメニューの提案があり、一瞬焦りましたが、ポックンパプというのは焼飯という意味だそうです。
若者には分量が足らず、大失敗!と思っていた矢先、フィリピン人のお母さんが作ってくれたギナタンというデザートにさつまいも、白玉、タピオカが入っていて、何とかお腹いっぱいになれました。
メニューも、分量も毎回勉強です。
体育祭や就活でお休みの学生も多かったにも関わらず、神﨑司祭、韓国出身の池司祭、イギリス出身のクロフツ司祭も参加してくださり大変盛り上がりました。
司法書士の理事のお話を聞きながら、19歳の社会人からはサービス残業についての質問がありました。
若い人はそれぞれ、厳しい状況でも希望を捨てずにがんばっています。その姿に私たち大人はいつも励まされます。
今後とも応援よろしくお願いいたします。
Do you know Dak Galbi and Bokkeunbap? We made them at the lunch gathering by one of our scholarship student’s idea who had been to Korea for a year. Dak Galbi is a fire chicken with cheese and Bokkeunbap is a fried rice. Both of them are Korean food.
A Filipino mother made a coconut soup dessert called Ginataan. It was really good!
Fr.Crofts from England and Fr. Gee from Korea joined us. It was such an amazing international lunch time!
One 19 years old boy questioned our chairperson of the board, a judicial scrivener, about his company’s illegal treatment. Sometimes young people are forced to work in a tough situation. But they’re always love others. Love what they have. We are always proud of them and appreciate we had a chance to met them.
Thank you all who alwayssupport us and care about them!
ti-