2月17日(土)ごはん会報告

//2月17日(土)ごはん会報告
2月17日(土)のごはん会は参加予定の7名が風邪や怪我で欠席となりましたが16名で餃子を作りました。
1年間の留学を終え、帰国した大学生に話を聞くと、理不尽な対応をされ、スリに遭い、20ユーロで年越しを
しなければならない等、いくつものピンチに出くわしたそうです。
そんな時、彼は一体どうしたでしょうか。
彼は包み隠さず、自分の状況を身近な相手に伝えます。
自分は困っている、どうしたらいいのか分からない、たすけてほしい。
するとなぜかヒーローのように助けてくれる人が必ず現れ、
やさしくしてくれたのが不思議だったと話してくれました。
これから新しい道を歩もうとしているカパティランの卒業生は3人います。
彼らの道は決して順風満帆にはいかないでしょう。
悔しいこと、辛いこと、孤独を感じることが必ずあるでしょう。
私たちはそんな時の為にもこれからも変わらず、第3土曜日に月島聖公会でごはん会を行います。
カパティランをお支えくださり、応援してくださるあなたも彼らのヒーローです。
卒業おめでとう。大丈夫、この世界にヒーローはたくさんいる。
Graduation party last Saturday was quite awesome. One of our scholarship students has returned from his one year study abroad program and told us about his experience. Every time he faced difficulties (example: His passport was stolen or his host families treated him badly ) someone showed up to help him as a hero every single time. All he did was to tell someone he was in trouble and asked for their help.
Kapatiran is always here not for our students but also for all young generations in such hopeless situation. This is why we are having a lunch gathering regularly on 3rd Saturday of each month. We know people care about us and reading this will become their hero, too.
To our sweet three graduates, “Congrats graduate! There are so many heroes in the world and you don’t have to worry about anything.”