メッセージ

/メッセージ
メッセージ2019-12-10T16:03:58+00:00

2019年12月「クリスマスの出来事」理事 司祭マリア・グレイス笹森田鶴

2019年10月「アイデンティティーの深まり」理事 司祭神﨑雄二

2019年6月「奨学金返済と自己破産」理事 山田修司

2019年3月 「多文化共生の世界にあって」 理事長 牧野兼三

2019年2月 「多文化共生ホームステイ」ご支援のお願い 理事長 牧野兼三

2018年12月 「愛と交わりが伴うとき」 理事 司祭ヨハネ神﨑雄二

2018年9月 「2018年夏、野尻湖」 理事長 牧野兼三

2018年7月 「給付型奨学金への思い」 理事 鈴木幸夫

2018年5月 「学校に行くことはお金が掛かる」 理事 司祭マリア・グレイス笹森田鶴

2017年12月    「2017年のクリスマスキャロル」 理事長 牧野兼三

2017年6月 「カパティランの根」 理事 司祭ヨハネ神﨑雄二

2018年3月 「巣立ち」 理事長 牧野兼三

2016年7月 「カパティランの働きはつながる」 理事 牧野兼三

■2019年12

クリスマスの出来事」 理事 司祭マリア・グレイス笹森田鶴

聖書に書かれているクリスマスの物語は決して誰もがうらやましがるような幸せを絵に描いた情景ではありませんでした。ヨセフとの婚約中にマリアが妊娠していることが分かります。それは明らかにヨセフの子供ではありませんでした。神殿の掟に従って、そのような女性は石打の刑を受けなければなりません。これから新しい生活を築こうとしている若い二人にとって、それはもう信頼が足元から崩れ、大混乱を極める出来事であり、絶望と悲嘆に暮れていたことでしょう。

ヨセフは常識的な人物でしたので、マリアのことを表沙汰にし、破談にしてもおかしくありませんでした。しかし、なぜかヨセフは常識を破ってマリアをそのまま受け止め、自分の妻として迎え、何とか新しい生活を始めようとします。

そのような二人にさらに追い打ちがかかります。それは時の権力者の命令により、生活基盤を離れさせられ、身重のマリアと別の街へと移動を余儀なくされるのです。移動先では安定した宿泊場所もなかなか見つからず、ようやくたどり着いた所でマリアは産気づき、はじめての子を出産します。どれほど心細く、頼りない思いをしたことでしょうか。そしてその乳飲み子が、なぜか時の権力者に命を狙われていることをヨセフは知り、外国であるエジプトに移住しなければならなくなります。もはや二人の想像もつかないような困難や苦しみが、次から次と襲ってきます。この短い期間でさえこれほどの出来事なのです。これからの生涯がどのようになるのか、若い二人は計り知れない不安の渦の中にいました。これが、クリスマスの出来事でした。

しかし、そのような二人にこそ神が目を留めてくださり、守り導き、具体的な救いの手段を尽くしてくださることを、聖書は大切なメッセージとして伝えています。だからこそ、世界中の悲しみと痛みと困難の中にある人びとにとって、クリスマスの物語は希望の物語となっているのです。

 

 

■2019年10

「アイデンティティーの深まり」 理事 司祭神﨑雄二

 今年の8月にカパティランの仲間6人で、フィリピンのルソン島北部カリンガ州バルバラサン村に行った。今回は途中まで飛行機を用いたが、もしマニラからバスを乗り継いで行けば、20時間以上かかる山岳地域である。朝夕はとても涼しく、長袖の服なしでは過ごしにくい。
村の中心に聖公会の教会がある。その隣には教会によって設立されたハイスクールがあり、近隣の村々から来て村に下宿している者を含めると130人もの生徒数になる。このハイスクールの歴史のゆえに、村人は誰もが堪能な英語を話す。しかしそのほとんどは、農民である。8月は米の刈入れや天日干し等で忙しかったにもかかわらず、私たち一人びとり、異なった家族に迎え入れられた。そこで私たちは全く自然に、深く愛され、受け入れられたのである。何年か前に行った学生は、「親に愛されるよりも深い愛情を体験しました」と言ったことが思い起こされる。
今回行った学生の中に、フィリピン人を母とする女性がいた。彼女の目は大きく、つぶらで、その風貌はお母さん似と言える。しかし一般的に言って日本社会では、母親がフィリピン人であることのゆえに、差別的な対応を受けることが多い。したがって、そういう背景を隠して生活することが多い。ところがある日バルバラサンの村人が、彼女の風貌を見て「あなたはフィリピン人そのものだね」と、好意的に言ったのである。その言葉を聞いた時の印象を彼女はこう言った。「その時、誇りに思いました。」
村人に受け入れられ愛される日々の中で、自分がフィリピン人の背景を持つことが、誇りに思えるとは、なんと素敵なことだろう。
バルバラサンでの日々を終え、帰国のためにマニラに立ち寄った時、彼女の祖母といとこが、会いに来てくださった。お二人と会い、彼女は泣いた。安堵感と、無条件で受け入れられていることを再確認し、涙が止まらなかったのだと思う。彼女のアイデンティティーの深まりを見た思いがした。

 

■2019年6

「奨学金返済と自己破産」 理事 山田修司

最近では、学生の4割から5割が奨学金を利用しているとのこと。その原因としては、親世代の所得の低下による仕送り額の減少や、学費の値上げなどだそうです。

日本の奨学金は、給付型の奨学金は少なく、基本的には貸与型であり、さらに多くの方は利息付きで借りています。そのため、就職後その返済をしていかなければなりません。しかし、様々な理由で返済が滞る場合があります。

例えば、労働環境が悪くてパワハラなどを受けていたが、奨学金の返済のために職を変える余裕がなく、頑張り続けて心と体が壊れてしまい、結局返済が滞ってしまった場合などがあります。借金問題は自己責任と言われがちですが、その様な場合、決してそうではないと思います。

滞納した奨学金の法的解決は、ほぼ自己破産を申し立てることになりますが、自己破産するにも相当な費用が掛かる場合もあり、また、奨学金は、親が連帯保証人になっている場合が多く、本人が自己破産をしたら親も自己破産に追い込まれる可能性が高くなっており、返済する奨学金の滞納の代償が非常に大きくなっています。

このように、利息付きでお金を貸して、返済が滞ると厳しい取り立てをして、本人だけでなく連帯保証人の親まで破産したり、別の保証人にはその責任以上の金額を請求したりするのは単なる金融機関の融資と同じで、その様な行為は奨学金の制度趣旨に反すると思います。

日本は教育費の私費負担率が最も高い国の一つだそうで、教育費の負担のない国になるまでは、もうしばらく時間がかかると思います。それまでは給付型の奨学金制度は重要な役割を担うことになります。カパティランも少しでも奨学金制度の役に立てればと考えていますので、皆さま、引き続きご協力よろしくお願いします。

■2019年3月

「多文化共生の世界にあって」 理事長 牧野兼三

2019年3月15日、ニュージーランドで起きたモスク襲撃事件は、実に50人が殺害されるという大変痛ましい事件となりました。犠牲者のうち、少なくとも28人は外国の出身者であることが確認されています。彼らは南アジア、中東からの移民たちで、自らの信仰を大切にし、安息日の礼拝に集った寄留者でした。

犯行の背景には移民問題があります。そして、現在の世界のいたるところで移民問題が大きな課題となり、各国の人種問題,労働問題などに大きな影響を与えています。日本においても「外国人労働者の受け入れ拡大」という名の移民政策が進められることで、今後外国人労働者の数は更に増え、新たな社会問題となっていくでしょう。

カパティランが支援する若者たちは、フィリピン、ベトナム、ペルー、ブラジルをはじめ、そのルーツは様々です。様々なバックグラウンドを持つ若者たちが月に一度の「ごはん会」で囲む食卓は、数年後の日本社会の縮図にも見えてきます。

そこには多くの発見があります。当然のことながら、若者それぞれに様々な個性があります。母国の料理の話になると、食べたことのなかった料理が多くあり驚かされます。そして、何より多様性に溢れたごはん会が、若者たちにとって大変心地よい時間になっています。

マリナーズのイチロー選手が引退会見で、孤独についてこんな発言をされました。

「アメリカに来て、外国人になったこと、アメリカでは僕は外国人ですが、外国人になったことで、人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れてきましたね。」

カパティランが、これからも常に寛容の心を持ち続け、この国で小さくされ、孤独を感じている若者たちにとって、いつも共にあり、時に一息つける止まり木となり、時には力づける栄養剤となれるよう、今後も力を尽くしてまいります。みなさまの引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。

■2019年2月

「多文化共生ホームステイご支援のお願い」 理事長 牧野兼三

「自分の親にすら愛されなかった私を、一体誰が愛してくれるのでしょうか?」カパティランに連なる、当時大学生だった若者の心の叫びを、私は今も忘れられずにいます。自分自身の存在意義に確信が持てない人生が、どれだけ孤独で、希望のないものか、皆さんは想像することができるでしょうか。

カパティランが支援する海外にルーツを持つ若者たちは、多くの場合こうしたアイデンティティ・クライシスという課題を抱えています。アイデンティティ・クライシスとは、「自分は何者なのか」「自分にはこの社会で生きていく価値があるのか」という疑問にぶつかり、自信を失い心理的な危機状況に陥ることを指しています。
そうした「自分に自信を持てない」若者たちは、決して性質や能力の何かが劣っている訳ではありません。ただ、経験を通じた自信を築けていないのです。幼少期から学生時代にかけての親子関係や、友人関係の中で、心の交流、喜びや悲しみの分かち合いを十分に経験できていないことが問題の原因です。
アイデンティティの確立には、人間関係を通して自分自身を見つめ直す機会の継続と、それによって自己理解と社会性を身につけることが必要ですが、彼らにはその経験が不足しているのです。

多文化共生ホームステイは、そうした若者たちが、一人の人間としてありのままの状態で、言葉も文化も異なる異国の生活環境で過ごす2週間のプログラムです。ホームステイは、フィリピン・ルソン島北部の山村にある川沿いの小さな集落で行われます。村の中心には聖公会の聖パウロ教会と中高一貫の小さな学校があります。そこには水道も電気も電話もインターネットもなく、あるのは村に暮らす人々、ホームステイ先の家族、そして同世代の生徒たちとのかかわりだけです。しかし孤独ではありません。素朴だがとても温かい家庭での食事や生活、地元の生徒たちと共に過ごす、学習、祈り、ボランティアワークの時間など、心の交流を通し、自分を表現し、人を理解し、お互いを愛する経験を持つ。それによって、若者たちが自分自身を見つめ直し、これまで未成熟だったアイデンティティ確立のきっかけを作ります。

2019年の夏、カパティランは、この多文化共生ホームステイに、公募で選ばれる高校生から大学生の5人の若者を連れていきたいと考えています。この計画には、すでに世界的なエキュメニカル団体である「リーストコインの交わり国際委員会」よりご支援を頂けることとなっています。ただ、計画の実現にはまだ資金が足りません。みなさまの活動に対するご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

■2018年12月 

「愛と交わりが伴うとき」 理事 司祭ヨハネ神﨑雄二

今年の6・7月にフィリピンの各地を巡った。およそ40年前から最近までの間に20人近く、神学生や医学生あるいは教育学部の学生たちを、日本の教会ぐるみで、あるいは個人で経済的に支えて来た。今回その奨学生たちの幾人かが生きている現場を訪問したのである。
マニラから始め、南に下がり、パラワン島、パナイ島、ロンブロン島などを訪問したが、そのどこにあっても、彼ら・彼女たちは、皆立派な働きをしていた。

生まれ育ったスラムに今でも在住しながら、小学校の先生をもう10数年続け、今では30人ほどもいる大家族全体の心の柱になっているケネス。その家族と共に夕食を食べたことは、忘れられない思い出になった。また神学校の学費・寮費が支払えず、もう郷里に帰って農業をするしかないと嘆いていたジョビーが、今でではパラワン教区の主教として活躍しているのも感動だった。パナイ島西部のアンティーケ州でいくつもの教会を司牧しているデオレート司祭、マニラで緊急病院の医師をしているカムロ、ロンブロン島で、初の女性司祭として活躍しているジェリーン、、、。

そんな元奨学生が、フィリピン各地に広がっている。日本からの奨学金がなければ、現在の彼らの働きは実現しなかったのではないか。奨学金は、愛と交わりが伴うとき、実に大きな働きとなる。カパティランの奨学生たちも、大きく成長していくことを心から願っている。

 

■2019年9月 

「2018年夏、野尻湖」 理事長 牧野兼三

今年で5年目を迎えたカパティランの野尻湖キャンプ。海外にルーツを持つ若者たち5名が参加した。毎年利用させてもらっている国際村の神﨑雄二司祭のコテージで、共に食卓を囲み、祈り、語り、笑い、泳ぎ、漕ぎ、読み、温泉に入り過ごした。キャンプのルールは、食事の準備と片付け以外は特にプログラムを決めず、各自が好きなことをして過ごせるということ。雄大な自然の中、自由に時間を過ごし、皆が無邪気に笑う。徐々に心がほぐれていき、一人一人がぽつりぽつりと話し出す。

Jさんは、定時制高校3年生の女の子。両親は離婚し、父親とはしばらく会っていない。小学校5年の時に、日本で教育を受けるため、母親と二人で来日。英語が得意でTOEICのスコアは930点。普段は家計を支えるため、スーパーのバイトで忙しい。少し引っ込み思案でアピールするのがちょっと苦手。受験を控えており、先生や友だちはもっと上を目指せという。ただ今年はまだ小学生の弟も来日予定で、どうしても家計のことが気になってしまう。もっと上のレベルの大学にも行ける実力はあるが、本人は特待生として授業料免除で迎えてくれる女子大に魅力を感じている。「やはり授業料がかからないというのは大きいですよ。」とはにかむ。

H君は社会人2年目の19歳。4人兄弟の長男。初めてキャンプに参加した5年前は「家計を助けるため、高校を出て消防士になる」と希望に燃えていた。ところが「君は日本国籍ではないので公務員にはなれないよ。」たった一つの事実が夢を消し去ってしまう。まずは定職につき、納税し、日本国籍を取ることが当面の目標。千葉の田舎町の鍛造(たんぞう:鉄を打つ)工場で働いている。作業場内の気温は45度以上。これまで二度ほど気を失ない倒れた。体力勝負なのでメシはいくらでも食べられる。自分の腕に吹いた塩を舐めて熱中症を防ぐ。今年は小学生の弟も連れてくることができた。父親代わりに水泳を教える。自分には大切な弟や妹がいる、日本国籍を取り公務員になるという夢もある。だから頑張っていけると胸を張った。

Eさんはこの春大学を卒業し、東京郊外の児童養護施設に勤務する社会人一年生。担任は未就学児クラス。23歳にして大勢の母親のような役割。覚悟はしていたが決して楽な仕事ではない。中でも14時から翌日14時までの宿直勤務が眠れず長時間で辛い。子供たちに食べさせるため、自分は飲み込むように食事をする癖がついてしまった。離職率も高いが、今はがむしゃらにやるしかない。フィリピン人の母親とは最近初めて一緒にカラオケに行った。お母さんは歌に合わせてずっと踊っていておかしかった。就職を機に、離別している父親に連絡を取ってみたが、反応はイマイチだった。もう新しい生活が始まっているのかもしれない。最終日、長野で就職している彼氏が迎えに来てくれた。ずっと神﨑先生に会わせたかったので本当によかったと笑った。

カパティランの若者たち。皆それぞれ、様々な辛いこと、困難に向き合いながらも、希望を忘れずに生きている。来年はどんな話が聞けるのだろう。

「また来年!」都心のターミナル駅、皆それぞれ別の方向に別れた。

 

■2018年7月

「給付型奨学金への思い」 理事 鈴木幸夫

カパティランは、奨学金事業を開始した2015年10月から今年3月までに、大学生7名と高校生5名に対し総額318万円の奨学金を支給した。今年度は大学生5名(加えて下半期のみ1名)、高校生4名に180万円を支給する。お金のないカパティランにとって、これは大変な事業である。

奨学金を検討し始めたころ「貸与型でもよいのでは」という意見もあったが、給付型に踏み切った。経済格差が拡大し続ける日本で、奨学金という名の借金が学生の将来を暗くする状況が深刻さを増しているからだ。

その少し前、「司法試験に合格しても借りた奨学金が返せず自己破産に追い込まれ、法律家になれない」という嘘のような話を若い弁護士から聞いた。司法修習生(司法試験に合格し、弁護士や裁判官、検事になるために必要な実務研修制度)への生活給費が2011年に廃止されたからだ。1年間「無給」生活を強いられ、さらに借金がかさみそんな状況に陥る人が多発しかねないという。

事実、日本学生支援機構(旧日本育英会)によると奨学金が返せずに自己破産する人は年間3千人以上で、その数は増加傾向にある。

学生生活にはお金がかかる。高度な教育を受けるにはもっとお金がかかる。頑張って卒業し、公務員や正社員になれたとしても、数百万円~千万円近い奨学金返済を抱え、自分のやりたいこともできず、最悪、自己破産にまで追い込まれる。弁護士や裁判官や検事になるあと一歩の学生にもこんな状態の人がいるならば、他は推して知るべし。これが日本の現実なのだ。(この弁護士らの運動もあり「給費制」は去年4月に復活したが、以前の水準には及ばない。)

これらを「極端な例」と思わないでほしい。カパティラン奨学生は貸与型奨学金や教育ローンを背負いながら、アルバイトと学業を両立させるため必死で頑張っている。われわれの奨学金は、その重荷をほんの少し軽くできるかどうかのささやかなものだ。

勿論その奨学金原資は、支援者の皆様が額に汗し、お小遣いや生活費を節約し、神様に献げるのと同じ気持ちで下さった、尊く豊かな愛情に満ちたお金だ。こうした皆様の思いを一人一人の奨学生にしっかりと伝え、感謝と誇りをもって学業に打ち込んでもらう。これが、カパティランの大きな課題である。

 

■2018年5月

「学校に行くことはお金が掛かる」 理事 司祭マリア・グレイス笹森田鶴

日本での高校進学率は現在98%となっています。また、高校卒業後の進路についても約70%が学業を選択し、就職率は16%弱です。つまり日本に住んでいる子どもたちの半数以上が、成人式を迎えるまでは学校に行っているということになります。そして、学校に行くということは、入学金、授業料の他に、制服、教科書や文具、遠足などの学校行事、修学旅行や卒業に関わる積立金、部活をすればその費用が必要です。友だちと少し遊んだりするにしてもこの社会ではお金が必要です。学校に行くということにはお金がとにかく掛かるのです。

親が低収入であったために、わたしは高校の時から奨学金の申請とアルバイトの経験をし続けていました。大学と大学院は親元を離れたために生活費も自力で獲得しなければなりませんでしたので、短期長期のいくつもの奨学金をいただき、授業と授業の合間も含めたアルバイトの掛け持ちをしていました。ただそれは、大学では祖母の家に下宿していたこと、無利子の奨学金をいただけたこと、バブル経済真っ只中であったので条件の良いアルバイトがあったこと、当時の学費が現在の物価に比べて安価だったこと、さらに傍目よりも体が丈夫だったこと、それらの要因よって何とか成り立ったことでした。卒業時の奨学金の総額は驚くべき金額になっていましたが、毎月少しずつ返済し、働き始めてから20年後にようやく全額返済できました。それでも奨学金があったことによってわたしは学業を続けることができ、今の仕事にもつながっていることをとても有難かったと思っています。

社会の仕組みが影響して学費が高額になったり、経済状況の厳しい家庭が増えてこどもたちの学びの機会が減少していたりするならば、こどもたちを支える仕組みを考え、実行していくことが必要であろうと考えます。カパティランでは高校生、大学生向けの奨学金支給制度があります。金額は小さいかも知れませんが、こども一人の将来を支える大きな支援であると考えています。ぜひご協力をお願いいたします。

 

■2018年3月 

巣立ち

今春カパティランから巣立つ、海外にルーツを持つ女子大生の話です。

幼い頃から父親と兄からのDVから逃れるために、フィリピン人のお母さんと弟と東京の郊外の団地を転々とする生活。ようやく平穏かと思ったら今度は弟がDVで更生施設に。お母さんも家にこもりっきり。

そんな厳しい生活環境においても、彼女は希望を失わず、幼稚園の先生という夢を叶えるため、大学に進学します。昼間は学校、夕方からは宅配寿司のバイトリーダーとして寿司を握り、奨学金で完全自活。

カパティランで最初に出会った頃、彼女は「私は日本人です。」と硬い表情で話しました。「フィリピンもフィリピン人も好きではない。」とも。ごはん会に参加するようになり、少しずつ彼女は変わっていきます。周りはみな同じような境遇の子供たち。何か得意料理を作ってくれる?とお願いすると、彼女が提案したのはフィリピンの家庭料理アドボでした。お母さんにも手伝ってもらって。

みなさんのご支援のおかげで、月例ごはん会、夏の野尻湖キャンプ、教区フェスティバル(アドボが飛ぶように売れました!)、クリスマス。そして初めてのフィリピンでのフィールドワークでは親戚たちとも初対面。「次は言葉を勉強しないと」実にイキイキした表情で話す彼女は出会った頃とはまるで別人でした。
そんな彼女が選んだ職業は、児童養護施設の保育士さん。週末のごはん会で、こんな風に話してくれました。「私も施設に入る話もあったから、少しは子供たちの気持ちがわかるんじゃないかなって。」「ああしなさい、こうしなさいではなく、大きな気持ちで包みこむ感じの大人になりたい。」

みなさんの日頃のご支援に心から感謝いたします。

カパティラン 理事長 牧野兼三

 

 

■2017年12月 

「2017年のクリスマスキャロル」 理事長 牧野兼三

最近うかがった話。世界的な投資銀行にお勤めの男性Aさんは、勤続30年のうち28年間ご自身が同性愛者であることを職場でカムアウト(公言)することができなかったそうです。

この数年「LGBT(性的少数派)」に対する社会の関心と理解が急速に高まり、Aさんの職場でもLGBT理解のための啓発活動が始まります。Aさんはその活動をサポートする中で「実は私も当事者です。」と2年前にカムアウトしました。

それ以降、Aさんは職場での評価は大きく変わったそうです。それまではどちらかというと組織の片隅にいたAさんが「顔が晴れて、肩が上がった」のだそうです。具体的には積極性とリーダーシップが向上したということでした。

Aさんは自分自身を肯定することができ、そのことを気兼ねなく発言でき、本来の自分を安心してさらけ出せることで、それまでの人生を大きく変えたのでした。

カパティランが寄り添っている子どもたちの環境は、このAさんに似ています。外国人労働者100万人時代と言われる昨今、海外にルーツを持つ子供たちの数は年々増え続けています。故郷から遠く離れた異国の島国で、言葉も十分にわからず、友達もいなければ、勉強にもついていけない。たいていは母子家庭で、経済的基盤も弱く、不安定な家庭環境。自分自身が何者であるかに確信が持てず、当然自信もない、でも寄り添える人もなく、孤独な目をして心を閉ざしている。

そうした子供たちは、社会の隅にいて、そこにいるのにまるでいないかのように扱われています。そこに忍びよる非行や犯罪への誘惑。近年、少年犯罪に外国籍の子どもたちが目立つのは私の先入観のせいではないと思います。

そんな子どもたちに一番必要なのは、まず自分自身のアイデンティティを確立すること。自分のルーツを知り、それに誇りを持つこと。そして、自分は決して見捨てられた存在ではない、ここにいていいのだと安心できる居場所を作ること。

カパティランは子どもたちの居場所つくりのために、月に一度ごはん会を開催しています。皆でメニューを決め、買い物に行き、キッチンに立ち、食卓を囲みます。それだけです。でもそれはとても大切なこと。一方で、高校生、大学生を対象に奨学金給付を行っています。「人生に必要なものは、勇気と想像力、そしてほんの少しのお金」だからです。子どもたちはその少しのお金で勉強や部活を続けています。

ディケンズの代表作「クリスマスキャロル」。クリスマスを毛嫌いする冷酷で守銭奴のスクルージ爺さんが、3人の精霊に彼自身の「過去」「現在」「未来」に導かれます。「過去」では少年時代を目の当たりにし、かつては貧しくとも純粋で希望に溢れていた自分自身を思い起こします。そして「現在」では、彼が忌み嫌う市井の貧しくとも慎ましく生きる人々のクリスマスの団らんが、いかに喜びに溢れ、気高いものでえあるかを見せられます。そして「未来」においては、誰からも関心を持たれず、世の中から忘れ去られ、居場所を失い、一人孤独に死んでいく彼自身を見るのです。

そして、スクルージは大きく変貌します。良き父、良き友、良き商売相手、良き先達となり、ロンドンで知らない人はいないくらいの好人物となるのです。人はそんな彼を笑いましたが、彼の心はそれ以上に笑っていたのでした。

2017年のクリスマスキャロル。今年皆さんは何を思って歌うのでしょうか。

「この世に価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるから。」ディケンズの言葉です。

もしかすると、スクルージ爺さんのようにあなたの人生に大きな変化が起きるかもしれません。そして心を閉ざした子供たちの未来にも。みなさん、良いクリスマスを。

■2017年6月 

「カパティランの根」 理事 司祭ヨハネ神﨑雄二

私の教会に初めてフィリピンの女性たちが来たのは、1980年代の中頃だったと思う。彼女たちは20歳前後の歳で、フィリピンバーのエンターテイナーとして働いていた。毎月1~2回ほど教会に来るようになったが、12月に入れば一日も休みがなく、クリスマスの頃は、ほとほと疲れ切っていた。しかし「どうしてもクリスマスのミサには出たい」と言うので、夜の仕事が終わった後に、特別に彼女たちのためにミサを行うことにした。

クリスマスの早朝4時に彼女たちの仕事が終わるというので、その時間に教会の若者に車を運転してもらい、店まで出迎えに行った。雪が降っていた。 店のお兄さんたちに挨拶をして、10人ほどを教会までつれて来ると、彼女たちは直ちに礼拝堂に入り、ひざまづき、十字を切って、祈りの体制に入った。何かピーンと張り詰めたような空気が漂った。

代祷のところでは、郷里の父母兄弟のためにも祈ったが、思わず一人が泣き始めると、それは皆に伝播するのだった。「主の平和」のところでは皆抱き合い、また涙を流した。ミサがどんなに大事なものであるか、改めて思い知らされた。

ミサが終わると、私が作った暖かいシチュウをみんなで食べた。その後彼女たちが一体どこで手に入れたのか、クリスマスの時期なのに花火を出してきて、教会のホールで花火を始め、走り回るのだった。私はバケツに水を入れて彼女たちの後を追っかけて回った。

彼女たちをアパートに見送った後、教会は、降る雪の音が聞こえるほど静かになった。そして今の今まで騒いでいたのは、「天使たちだった」と、ふと思うのだった。

カパティランの働きの根っこのところに、こうした体験の積み重ねがある。現代の日本社会の片隅で、懸命に生きている在日・対日外国人とその家族が、ホッと出来る場が、多くの方々や諸教会のお支えによって与えられていることを、心から感謝している。

 

■2016年7月

「カパティランの働きはつながる」 理事 牧野兼三

カパティランの活動が「海外にルーツを持つ子どもに対する、居場所作り、学習・教育・奨学支援事業」に舵をきってからやがて一年半。

私たちは月に一度の「ごはん会」を継続的に開催し続けることで、少しずつ子供たちとの絆を深めてきました。

「ごはん会」では、毎回集まった皆で買い出しに行き、作業を分担して、ごはんを作って一緒に食べます。事前に決めるのはメニューくらいで、特にテーマは設けず、一人ひとりが過ごしやすいこと、話しやすいことを大切にしています。そうするうちに、徐々に参加メンバーも増えてきて、今では奨学生の故郷の郷土料理や、バイトで覚えた握り寿司が振舞われたりすることもあったりします。

そして5月の連休明け、カパティランにとっての初の催し、デイキャンプで長瀞渓谷に出かけることになりました。

実はこの長瀞渓谷、奨学生であるペルーにルーツを持つJ君の強い勧めによって決定したのでした。彼曰く、「埼玉に家族で大切にしている素晴らしい渓谷がある」のだと。

早朝に東京で集合し、車に便乗してお昼頃には長瀞渓谷に。現地に着いてみると、そこには満面の笑みをたたえたペルーからの移民Pさんご一家が「お待ちしていました!」

Pさんご一家は10年前に来日し、ご夫婦に子供は大学生のJ君を筆頭に男の子4人の6人家族。
ご家族にお会いするのは初めてでしたが、慣れない異国で、日本語もままならない中、家族の絆を第一優先に逞しく生きる姿は実に素敵でした。

男の子4人に渓谷での遊び方を教えるお父さん。息子以上に元気満々で、川に飛び込めと息子たちをケシかけますが、結局は自分がいの一番に飛び込みます。このお父さんの明るさが、これまで移住という困難の中で家族を支えてきたのだと感じられました。

夕暮れまで豊かな自然の中で遊び、帰路に着く頃には、またひとつの大切なカパティラン(タガログ語で兄弟愛・姉妹愛)が生まれました。

現在カパティランが奨学金によって支援している学生のルーツは様々です。フィリピン、ベトナム、ウクライナ、そしてペルー。ごはん会には、アフリカ系の子供も参加しています。その皆が日本で暮らすマイノリティで、自身のアイデンティティの形成に何らかの課題を抱えています。

私たちはその課題の解決に微力ながら取り組んでいきます。

より実践的なものへと変化しつつあるカパティランの働きに対し、今後とも皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。