ユース・キャンプ2014

/, 活動/ユース・キャンプ2014

近年カパティランに寄せられる相談の中に、10代でフィリピンから日本に移住したものの、日本の生活に馴染むのが難しく様々な状況で問題にぶつかる、といったケースが多くあります。また、親の一方がフィリピン人であり、日本で生活しフィリピンにルーツを持つ若者達がおられます。
カパティランでは相談者の若者達とキャンプカウンセラーとが人里離れた豊かな自然のもと、心身を解放され、新しい経験をする機会を設けました。
カヌーや釣り、森の散策、食事作りなど、皆で貴重な時間を共有し、同じ背景の若者同士が生活に困難を抱えながらも将来を前向きに見つめ、個々のアイデンティティーを確立する助けになればと考えています。
カパティランはこれからも一つ一つを大切に活動してまいります。
引き続きのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。